レア切手買取ナビ

レア切手買取ナビ!では使わなかった切手の買取方法や本の扱いについてご紹介しています。

切手の処分方法について

切手の処分方法について

今まで、不要でも未使用の切手を捨てたことがないです。お金と同じ価値があるので、いつか使うだろうと持っていました。

逆にお店で学生時代に何枚か買ったスタンプが押された切手は捨ててしまったことがあります。とても貴重な物や、シートできれいに残っているものについては、買取を行うお店に持ち込むと良いと思います。

普通の金券ショップでも買い取ってくれるケースもありますが、記念切手などは切手専門店に持ち込んだ方が価値を認めてもらえると思います。

わたしはそこまで価値のある切手は持っていませんでしたし、シート状のものも持ってないので、ボランティア団体に郵送し寄付しました。わたしが寄付したのは、シャプラニールという団体です。

確か、新聞に年賀状の書き損じ葉書の寄付を受け付けている、と書かれていて、インターネットで検索したところ切手も大丈夫、とわかり、一緒に郵送しました。切手は使用済のものでも大丈夫だそうです。

他にも切手を受け付けているボランティア団体はいくつかあるようです。

余った記念切手はどうしたら良いか

余った記念切手はどうしたら良いか

記念切手と言えば以前はそれなりの価値があった様です。でも今はそれほど価値があるものは無いらしく、余っている記念切手を買い取ってくれる店は稀。

私も大量に切手を集めていた祖父から、全てのコレクションを譲り受けました。もちろん沢山の記念切手も収集されていて、私は高価な切手ばかりだと思っていたほど。

しかし切手の専門店に持ち込んでも、買取不可の切手ばかりだったんです。買い取って貰える切手も額面割れ、祖父が可哀想になってしまいました。それなら余っている記念切手はどうしたら良いか…。

色々と考えた結果、私はまずオークションに試しに出品してみました。お店で買取をして貰えない様な記念切手であっても、欲しい人は少なからずいるということが分かります。そんなに高値は付きませんでしたが、いくつかは落札して頂けました。

記念切手はお洒落なデザインの物もあったりするので、私は写真立てに入れてみたりビンに貼っていたりもします。部屋に飾ってみると意外に良いアクセントとなっている感じです。それ以外の記念切手は残念ながら手紙に貼ったり、荷物を送る時に使ったりする位使い道が思いつきません。

額面通りに使えるわけですから、損はしないということになります。またいつか切手のブームが再来することを期待して、持ち続けてみるという方法もありなのかもしれません。